サテライトオフィスの活用法をご紹介します!

サテライトオフィスの大手企業事例

サテライトオフィスの大手企業事例 サテライトオフィスを導入している大手の企業としては、誰でも知っている家電メーカーが挙げられます。
すでに導入されていたテレワークをグローバル化に合わせてより展開させるのがきっかけで、時間と共に場所にも柔軟性を持たせることを目的に数十の拠点を設置しています。
そして月換算では万単位での利用実績があります。
また電子機器やITサービスを提供する大手企業は、働き方改革の一環でサテライトオフィスを導入しています。
本社を始めとする主要拠点に設置したサテライトオフィスを基準に、その他にも複数展開あります。
従来型のオフィスとテレワークができる従業員の自宅に次ぐ、第3のワークスペースとしてサテライトオフィスを置いています。

サテライトオフィスを活用することで時間を有効に使える

サテライトオフィスを活用することで時間を有効に使える サテライトオフィスを活用するメリットとしては、長い間電車に乗るような通勤を不要とできることにあります。
通勤自体を削減することによって、その分仕事を効率よく行えるようになることがメリットといえるでしょう。
実際に地方に住んでいる優秀な人材が、通勤の関係からやむなく退職をしてしまい、空いた穴を埋めるのに苦労する企業は少なくありません。
そのため、地方にサテライトサイトを用意することにより、本社などに通勤しなくても業務を効率よくこなしてもらえるようにすることで、人件費を抑えられるだけでなく、優秀な人材を退職させてしまうようなことを避けることが可能です。
特に育児や介護などやむを得ない事情によって退職せざるを得ない人材を引き留める手段としても効率よく活用することが可能です。
より効率よく働けるような環境を整えることによって、業務を効率化し、短時間勤務に移行させることで介護や育児面で余裕のある暮らしを社員にさせることもできます。
短時間で通常の勤務と同様の仕事をこなしてもらえるようにすることで、人件費の削減につながるためトータルで考えると経費節減につながるでしょう。
専用型、共用型とサテライトオフィスは存在していますが、どちらを選ぶのかによって経費が異なるため、あらかじめ確認してから利用してください。

おすすめのサテライトオフィス情報サイト

サテライトオフィス 神戸

新着情報

◎2020/10/13

設置するのに必要なこと
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

サテライトオフィスの活用術
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 企業」
に関連するツイート
Twitter