サテライトオフィスの活用法をご紹介します!

サテライトオフィスの場所選び

サテライトオフィスの場所選び サテライトオフィスをどこに設けたらいいのかは、企業のニーズによって異なります。
営業社員が積極的に外回りを繰り返し、自社に帰社する時間が足りないときに役立てたいなら、営業社員が頻繁的に営業周りする地域周辺の場所がいいでしょう。
自社に帰社せずとも、帰社したのと同様の業務をこなすスペースがあれば問題はありません。
また、介護や育児で長期休暇中の社員がいる場合、社員が歩いて通える範囲の場所であれば業務効率がアップします。
特に短時間労働で通常の業務をこなすのと同様の業務を求めているのであれば、社員の住む地域の近隣に用意するのが一番です。
問題なく業務をこなせるように配慮することで、人件費を削減し、結果として業績アップにつながる可能性が高まります。
遠距離にいる社員に配慮したスペースを求めているのであれば、遠距離の社員が通いやすいところにあるシェアオフィスをレンタルし、サテライトオフィスにする方法も選択肢といえるでしょう。
勤務しやすい地域で利用することによって、低予算で高い業績を上げる社員を遠隔地でも見つけることができます。

サテライトオフィスを必要とする複数のパターン

サテライトオフィスを必要とする複数のパターン 事業を行う際には都心に拠点を置くことが多いですが、通勤時に混雑したりコストがかかるなどの負担があります。
そんな時に活用できるのがサテライトオフィスで、本拠地とは別のところに同様の業務ができる拠点を設置するものです。
その場合は本拠地とほぼ変わらない利用ができるため、支社のように扱われることも多いです。
その他にも介護や育児などと両立しなければならず、フルタイムで働くことができない人に向けて、郊外に設置されるサテライトオフィスもあります。
通勤に関する負担が減るメリットは変わらず、生活を優先しなければならないため、働けないという問題の改善になります。
また主に地方自治体が主導となって、本拠地から大きく離れた場所にサテライトオフィスを構える場合もあります。
人口があまり多くない地方自治体にとっては人を集めるためのきっかけが必要で、サテライトオフィスは雇用枠を増やすことでその点に貢献できます。
企業側にとっては事業開拓や働く環境に変化を付けるというメリットになります。

新着情報

◎2020/10/13

設置するのに必要なこと
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

サテライトオフィスの活用術
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス パターン」
に関連するツイート
Twitter